FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

母もたいしたことなく済み、退院し、

自宅療養しております。

毎日実家へ顔を見に。。。

あずも一緒。

人間もわんこも幸せに元気に過ごしてもらいたい。。。


{3E2BF8DF-6390-4E04-8A28-B0D01645B382:01}

{0BB107EC-7B8F-4F2F-AA3F-1FC2DC41C214:01}


母には持病はあるにせよ、特に大きな病気や手術で入院したわけではないの。

でもね。
私たちわんこを飼う人には関係するのかしら?いや、誰にでも起こりうることだから少し。


いい歳ですが、まだ仕事をがんばってしている母、

毎日わんこの夕方のお散歩係。
健康やボケ防止になんて、安易に考えておりましたが。。。

最近日が落ちるのも早く、散歩のころには真っ暗な中お散歩をしているお友達もたくさんいるかと思います。

夜道を、母は、あずのママ犬、パパ犬二匹をつれて散歩中、なにかのはずみで、転んでしまい、、、

もちろん手にはリードに、お散歩アイテム。
転んだときに手がつけませんでした。
もちろん顔面、頭部を強打し、さらに、身体も。。。

しかし、転んだ瞬間に離れたリードをとっさにつかみ、一応家まで二匹と帰宅はしたらしい。

が。。。

帰宅後、おかしくなったと思われます。それをいち早く発見してくれた姉。感謝です。
わけのわからぬことを連発している母の姿にびっっくり。



よく無事に母もわんこも帰ってきたと思います。
家に帰らなきゃという気持ちが働き体が動いたのかもしれません。


結果、脳震盪による、一時的な記憶障害。
まだ当日のことだったりあいまいです。

お散歩中に転んだことも後から記憶が戻ってきてから思い出したことです。
それまではわけのわからぬことを言ってました。

幸いにも、外傷性のくも膜下や、血腫や血栓がなかったこと。
転ぶまえに、脳や心臓の病気が発症して転んだのではないこと。。。

いろんな運も重なり、
だいじにいたらず、無事でいられ、すぐに退院することができました。

なにがどうに起きたんだろう。

どこで転んだんだろう。
どうやって帰宅したんだろう。

道端で、寒い夜に母が倒れたままにならなくてよかった。
わんこも無事でよかった。


これからも不安ですが、、、
いまは元気になりいつもの母です。

まだわからない記憶もありますが。

だいじにいたらず生きててくれてよかったよ。

一瞬でも、わけのわからぬ状態に恐怖を感じ、、、


あたしの大好きなママ。
あたしはママっこ。

いつまでもママであり、いつまでも私は子供であり、
いつまでも元気でいてくれると思っていた母。

母も病気になる歳であり、もう若くないんだとちゃんと認めないと、、、と改めて思い、いろいろ考えた数日でした。


しばらくは毎日会いにいきますがね。

姉がそばにいること、
姪っ子もそばにいること、、、

すごく心強い。


兄も東京からかけつけてくれたし。


でも、すっかり母は
元気いっぱいだよ。
傷は痛々しいが、、、


過保護に今は姉と私で母を監視中www



心配してくれたお友達ありがとうラブラブ

みんなも、夜道の散歩は気をつけてね
多頭飼いでリードを沢山ひいてるお友達も気をつけてね。

あたし、転んだら手がつけるかなー、、、
ついても折れたりすることもあるし、、、
ね。


読んでくれてありがとう音譜

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2014.12.13(Sat)



管理者にだけ見せる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。